POST
30代からはじめた柔術。本当に強くなれるのでしょうか? そんなことを語った日記です。 ちなみにパラエストラ札幌に通っています。

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に変化する

  11, 2010 11:10

水曜日柔術はやっぱり人数が多くてにぎやかでした。
まぁ札幌の人口からすれば柔術をやっている人は稀有な存在になるかもしれませんけど。

相変わらずトミタくんは強かったです。
スィープしてもすぐに足極められて凹みました。クソー(泣)



[今日のテクニック]
亀の状態から相手の手を脇から通してとる。その状態で回って腕を両手で引っ張り出してそのまま極める。

亀の状態から相手の手を脇から通してとる。その状態で回って腕を両手で引っ張り出して相手が帯をもってきたら、
相手を横に押す。そしてキムラの形にして相手の脇に自分の膝入れて背中を浮かす。
そしてもういっぽうの足で相手をまたぎ極める。



最近、テクニック覚えがものすごく悪いです・・・
アームロック系の連携は絶対に使えると思うんですが、一回じゃうまくいきませんね。



今日わかったことは、

・柔術は常に技の変化によって有利にすることができるし、防御にもなる。
→タシロさんにハーフガードの対応法を教えてもらいましたが、いつまでもハーフガードのままモチャモチャしていたら、
脇さされてヤラれる可能性大なので、すぐに変化して動いていかないとダメだってことがわかりました。
テクニックってどうしても断片的だから、それをスパーでどうつなげるか意識していかないといつまでたってもうまくいかないですね。



あと、スパイダーでの巻いているほうの足が死んでいることや(外に開く)、最近パスができなくなっていること、
そしてなかなか極めまでいけないことが悩んでます。
パスできないからすぐに引き込んで下になるのもこの後困っていくだろうし、とにかく極めないことには何もはじまりません。


日曜日は仕事と重なっているんで、SGN行けないのはストレスです・・・・
とりあえず家でまた少しずつ打ち込みですな。




Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。