POST
30代からはじめた柔術。本当に強くなれるのでしょうか? そんなことを語った日記です。 ちなみにパラエストラ札幌に通っています。

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速タップを極めた日。

  30, 2010 08:32

金曜柔術は思ったよりも人数がきていました。
今日はアームロック。角度が難しいし、逆の方向でやったんで先生には怒られる始末・・・・・・
あぁ、ボクってダメダメ。

スパーは最初、青帯になりたての高校生のトミタくんとやりましたが、以前よりも数段強くなっていて恐らく一生勝てないかもってくらいに進化してました。あれは凹む感じです。高速タップ3回きまりました。
色々動きを試したくても、忘れてしまうんです。極められかけると。テンパるっていうか。
くそ??、負けたくないぜ。正直な話。

初めてイナガキさんとスパーさせていただきましたが、別次元ですね。
なんでしょう。同じ空気を吸っている感じがまるでしないくらいに強いです。

年齢を言い訳にするよりも久々に練習しているのもあるので、また少しずつコツコツとですね。




(今回の気づき)
・とりあえずベースを作る。
・相手もベースを作ってくるので、それにあわせて色々変化することが大事
・ひっくり返すスィープもあれば、前に転ばすスィープもある。
・相手は立ってガードを割ろうとしてくるので、前に転ばすスィープも仕掛けていったほうがいい。
・もっと頭を下げさせる展開にもっていって、三角や腕十字を仕掛けられる機会をつくる
・とにかくパスされすぎ。その後のサイドとられたときの対処法を複数身につける(スィープも含めて)
・パスは1回で行うのではなく、ジャブ打ってストレートな感じで展開の中で複数仕掛けて成功させること。
・相手の力を力で抵抗しようとしすぎ。もっと体重を意識して。




そんなこんなで4本こなしましたが、老体にはこたえますね。
でも柔術最高に面白いです。


Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。