POST
30代からはじめた柔術。本当に強くなれるのでしょうか? そんなことを語った日記です。 ちなみにパラエストラ札幌に通っています。

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスガードはやっぱり・・・・・

  25, 2009 05:06

今日の朝柔術は3人。
4本のスパー、そのうち2本連続が2回って・・・・・・・(笑)



<片羽締め?>
1.わきの下から両手で襟をまっすぐにする。
2.右手を首の横からすべらせ(この時、手は鳥のくちばしのように)左の襟を深くもつ。
3.左手で右の襟をもつ。
4.締めるときは、首を絞めるよりも親指の下の関節を出して頚動脈に押し付ける感覚で(重要!)


<片羽締め?>
1.わきの下から両手で襟をまっすぐにする。
2.右手を首の横からすべらせ(この時、手は鳥のくちばしのように)左の襟を深くもつ。
3.左手で右の襟をもつ。
4.右足を相手の肩にかけて、左足を相手のみぞおちに乗っける。そしてくの字になって横になる。
(このとき、お尻をひいて背中がつかないように。座っている状態にする)
5.締める。

<片羽締め?>
1.わきの下から両手で襟をまっすぐにする。
2.右手を首の横からすべらせ(この時、手は鳥のくちばしのように)左の襟を深くもつ。
3.右足を相手の肩にかけて、左足を相手のみぞおちに乗っける。そしてくの字になって横になる。
(このとき、お尻をひいて背中がつかないように。座っている状態にする)
4.左手で相手の左腕を制し、相手の首のほうに手をやる(肩固めのように)
5.締める。

<片羽締め?>
1.わきの下から両手で襟をまっすぐにする。
2.右手を首の横からすべらせ(この時、手は鳥のくちばしのように)左の襟を深くもつ。
3.右足を相手の肩にかけて、左足を相手のみぞおちに乗っける。そしてくの字になって横になる。
(このとき、お尻をひいて背中がつかないように。座っている状態にする)
4.左手は、相手の左足のズボンをもって引っ張る。
5.締める。


青帯の人の、パスガードを狙ってのスィープはきいた。
もう一方の足をまっすぐ出してバランスをとらなければ。いや、パスそのものは足出してバランスとらないと。


やっぱり先生に「パスガードするときは立って」と注意された。
その際に相手に足をとられた状態は回避しないとね。


それでも腕をとられて。
もう少し足を入れたり、担ぎパス、逆方向へのフェイントパスとかもできるようにしないと。



自分が痛めつけられるのも嫌ですが、相手を痛めつけること自体もものすごく好きじゃないです。
要するにSでもMでもない感じ。こんなんで柔術向いているのか?って感じですけど。



スタミナがなくなっても、ディフェンスをきちんとできるようにする。
(最後のほうは何もできずにいたんで、とられ放題ってやつ。どんなときでもガードポジションはきちんとしましょう)



Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。