POST
30代からはじめた柔術。本当に強くなれるのでしょうか? そんなことを語った日記です。 ちなみにパラエストラ札幌に通っています。

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撃と寝技

  09, 2010 01:03

痩せるためにGI値ダイエットしている私。
地味ですが、少しずつ体重は減っています。要は血糖値を急激に上げなければ太らないというやつですな。
空腹時にはなるべく食物繊維からとることにしています。ビール飲むとお腹は一時的にプックリしますが、大丈夫とのこと。


1年も寝技をやると、面白い発見が出てきます。
柔術は恐らく左脳の競技。結構理屈先行というか、テクニックがものをいうんだなぁと実感。
そのわけは、人間の本能では絶対にできない動きをする連続だから。素人がサイド取られていきなりエビしてガードに戻すなんて本能ではなかなかできません。っていうか、見たことないし(笑)
それに対して打撃はある程度知らなくても、センスある人って結構います。「当て勘」ってやつじゃないですが、本能はベースになっていると思います。つまり右脳型。
どっちがいいとかではなくて、それぞれに長所あると思いますが、それを両方極めて試合をするプロシューターはマジすごいですね。UFC見てても最近じゃどちらかが得意だけじゃ勝てなくなっているようですし。いわゆる[コンプリート]的な選手ってことでしょうかね。
間違ってたらすみません。打撃も寝技もビスコを一口かじったくらいの奴の意見なんで。

ちなみに僕はそのどちらでもないので、結構キツイ感じです。わかりやすくいうと「バカ」(笑)
何を目指しているんでしょうかね。僕自身わからなくなってはいるんですけど。




関係ないですが、仲里依紗のパイオツがすごいことになっているので、一度見てみたいです。
あれに塩漬けにされるなら、光栄です(笑)



スパイラルチョーク。きちんと回って、相手を仰向けにすること。1回転する。
フロントチョーク。足をクロスして相手の動きを封じる。脇絞めて、絞める角度と部位を調整。
スパイダーは、色帯の人だったら片手袖だけでもコントロールされて三角に入られるので、まず切ることを考える。
クロスガードは相手の股に両肘を入れて切る方法あり。とにかく手をとられて三角は絶対に防ぐこと。胸張ってベース作る。ゆらすのもアリ。
スィープでは凹む前にガードにきちんと戻して、体勢を整えること。不用意なオープンガードは危険。
基本的なテクニックの復習。サイドからの腕十字。ベリー→腕十字。このとき相手に骨盤を立てさせない方法で。
マウントからのエスケープ。肩ブリッジを使ったテクニックを練習。
パスガードのゆらぎ。フェイントバリエーション。
シザースィープから三角の復習。

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。