POST
30代からはじめた柔術。本当に強くなれるのでしょうか? そんなことを語った日記です。 ちなみにパラエストラ札幌に通っています。

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者の気持ち。

  08, 2010 06:19

今日はモチベーション下がってましたが、とりあえず道場に。
634さんの言うとおり、少しでもスパーしたり道場に顔出さないと上手くならないと思ったので。
ちょっと首が痛かったんですが、大丈夫だべと思ってテクニック。
担がれたときに首がグキってなって、手がしびれてきましたよ。やばいやばい。

今日のスパーは1ヶ月くらいの人とやってみました。
まぁ不思議とそこそこかかるかかる。とりあえず1年近くやっただけはあるんですかね?俺。
でも、なんか嬉しさはなかったです・・・・。
1年やっているんだから当たり前っちゃ当たり前な感じでしたし、別にその人が弱いとかっていうわけじゃなく、
単に「知らない」ってだけなんだなぁという感覚。
すげぇ、柔術。オレが強いって言うよりも、柔術が強いって感じですわ。



今日は疑問に思っていたことをみなさんに色々聞いてみました。
それは
「パスさせない方法」
パスされても起き上がって戻すことはたまにできたりするんですが、それにしてもされ放題だったのでスパーに
ならないんです。結局。
相手がうまいとかっていうよりも自分の不注意でいつもされている感じだったので、すごく知りたかったです。


きちんとガードからつくっていくこと。
→ただなんとなく足を相手の腰につけたりしてパスされまくっていた自分。でも、クロスガードからとかスパイダーガードみたいな、
きちんと今知っているガードからどうコントロールすることの重要性を知りました。
そっかぁ、ガードってきちんとできているんだねぇ。スィープとかっていうのもきちんとコントロールできるかどうか
にかかっていることを実感。

両足をもたれないこと。
→そのガードですが、相手も切ろうとしてきます。もちろん(笑)きられそうになったら、持ち直したり他のガードに移行させることが
大事と教えてもらいました。
そして無防備に相手に両足をもたれないこと。そうすると、なんの意味もなくなっちゃいますしね。

・相手が膠着したら、自分から変化していくこと。
→でも、いつまでもガードにはいられません。スィープするなり、立ち上がるなりしないと結局やられる機会を増やしてしまいます。


とりあえずこの3つを守っていきたいです。最低でも半年意識して。





そして意外にこのブログを見ている人が多いことに気づいた今日の道場。
理屈(理論じゃない)&マニアのブログへようこそ(笑)

ヲニさ?ん、モチベーション下がってでも通うんで教えてくださ?い。
タシロさ?ん、青帯の道はまだまだですが、がんばって早くバッグ注文したいです。

あと、結構辞めていく人多いんですね。
特に白帯が。なんででしょ?僕なんか今は続ける気力と同じくらい、先生が怖くて辞めるっていう勇気もないんですけど(笑)




Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。